北海電は軟調、12年4〜9月期の営業赤字に転落予想を嫌気

北海道電力<9509>は軟調推移。一時、前週末比10円安の591円まで売られている。同社は21日引け後、従来未定としていた12年4〜9月期の連結業績予想と中間配当の見送りを発表したことが嫌気されている。4〜9月期業績は、売上高2750億円(前年同期比9.3%減)、営業損益390億円の赤字(前年同期は186億900万円の黒字)、最終損益470億円の赤字(同50億4600万円の黒字)と営業損益、最終損益での赤字転落予想を明らかにした。ただ、通期業績予想については、泊原子力発電所の発電再開時期が未確定なことから、第3四半期(10〜12月)以降の需給状況が見通せないことから、未定を継続している。 北海電の株価は9時23分現在595円(▼6円)