シャープがもみ合う、支援材料相次ぐも利食い入りやすい

シャープ<6753>がもみ合い。主力行から約3500億円の協調融資、国内で最大2000人のリストラ、北米の太陽光発電事業売却など、各紙から経営再建に向けた支援材料が報じられているが、直近安値から10%弱上昇したことで利食いが入りやすく、売り買いが交錯している。為替がやや円高に触れていることも株価を抑えており、高寄り後マイナスに転じる場面も見られる。 シャープの株価は10時33分現在212円(△▼0円)。