富士フイルムは軟調、三菱UFJMS証が目標株価を1350円に引き下げ

富士フイルムホールディングス<4901>は軟調。一時、前週末比20円安の1373円まで売られている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が21日付のリポートで、投資判断「ニュートラル(中立)」を継続しながらも、目標株価を従来の1600円から1350円に引き下げたことが嫌気されている。リポートでは「足元液晶需給は改善傾向だが、中長期的にはTACフィルムに次ぐ成長の柱が見えない状況が続くこともあり、株価反転のきっかけは乏しいと考える」としている。 富士フイルムの株価は11時15分現在1377円(▼16円)