コマツなど建機株が軟調、米キャタピラ株下落や日中間緊張で

コマツ<6301>、日立建機<6305>など建設機械株が軟調。足元、為替市場で1ドル=77円台後半の推移と円高が進行していることに加え、米キャタピラーが業績下方修正の動きを背景に時間外取引で売られていることなどから、連想売りに下値を模索する展開となっている。また、両社とも中国向けの売り上げ依存比率が高いことで、中国関連株と位置づけられているが、尖閣諸島を巡る領土問題を契機に日中間の緊張が高まっていることも、懸念材料として意識されているようだ。 コマツの株価は9時40分現在1532円(▼35円)。