DDSがS高カイ気配、香港社との資本業務提携を好感

東証マザーズ上場のディー・ディー・エス<3782>がストップ高水準でカイ気配。24日引け後に、香港証券取引所に上場するワールド・ワイド・タッチ・テクノロジー(WWTT)社とWWTT社の完全子会社であるサイバータッチ・テック(CTT)社との間で資本業務提携を結んだと発表したことを好感している。CTT社を割当先とする第三者割当増資を実施。1株3100円で5万1931株を発行し、約1億6000万円の払い込みを受けるとしており、発行済み株式数に対して20.0%の希薄化となるものの、タブレットPCやスマートフォン向けの指紋認証装置の強化などの期待が上回っているようだ。 DDSの株価は10時43分現在3890円(△700円)カイ気配。