東京電波が一転ストップ安、高値警戒感から売り集中

東京電波<6900>が前日比ストップ(100円)安の525円まで売り込まれている。同社の株価は、18日から急動意をみせはじめ、3日連続ストップ高を交えるなどして急騰をみせ、24日には一時647円まで上昇していた。14日の終値296円に比べ、5営業日で2.2倍もの急騰をみせた。短期間での過熱人気で高値警戒感が強まってたことから、一転して売りが売りを呼ぶ展開となっている。 同社は水晶関連機器の大手で、米アップルの新型スマートフォン「iPhone5」の発売に関連して、携帯電話向けの通信用部品を手掛ける同社にも恩恵が波及するという思惑が手掛かり材料となっていた。 東京電波の株価は14時55現在525円(▼100円)