日本オラクルが堅調、6〜8月期税引き2ケタ増益で

日本オラクル<4716>が堅調。同社が25日発表した12年6〜8月期単独決算では、税引き利益が59億円と前年同期比で13%伸びた。6〜8月期としては過去ピーク利益を更新した。株価はこれを好感して買いが先行している。データベースなど高採算のソフトウエアが拡大、企業などで高まっている「ビッグデータ」の利用需要を取り込んでいる。早期退職などに対応した事業構造改革費用1億7000万円を特別損失として計上したが、一方で行使されなかったストックオプションの戻し入れ益2400万円を特別利益に計上したほか、法人税率の引き下げ効果なども利益の押し上げ要因となった。 日本オラクルの株価は9時10分現在3875円(△40円)。