吉野家HDが小幅続落、今2月期業績見通しを下方修正

吉野家ホールディングス<9861>が小幅続落。25日引け後に今2月期業績見通しを連結経常利益で従来予想55億円(前期比3.6%増)の増益予想から一転、32億円(同39.7%減)に下方修正したことを嫌気。8月までの既存店売上高が前年同期比1.9%減と伸び悩んでいることに加えて、新規出店計画の見直しの影響で売上高が想定を下回るほか、コメと牛肉という主要食材価格の高騰で原価率が上昇したことが要因と。ただし、業績予想の下方修正は株価への織り込みも進んでおり、売り一巡後は底堅い動きもみせている。 吉野家HDの株価は9時34分現在10万200円(▼1000円)。