富士通が軟調、シャープの携帯統合報道も反応薄

富士通<6702>が軟調、シャープ<6753>が小動きとなっている。シャープが取引金融機関に今週提示した再建計画案に関して、業績回復が想定を下回った場合の追加の収支改善策として、携帯電話機事業を富士通に統合案させることを盛り込んでいることが報じられた。携帯電話に関してはシャープはアクオスのブランド力が高いが、近年は、アップル社やサムスンなど海外メーカーのスマートフォンにリードを許している。富士通と事業を統合させても、先行する海外メーカーを猛追する可能性が低いとの見方が多い。 シャープの株価は11時15分現在300円(▼7円)。 富士通の株価は11時15分現在208円(△1円)。