日本調剤は大幅安、大和証が投資判断を「アンダーパフォーム」に引き下げ

日本調剤<3341>は大幅安。一時、前日比114円安の2166円まで売り込まれている。大和証券が25日付のリポートで、投資判断を従来の「3(中立)」から「アンダーパフォーム(弱気)」に引き下げたことを嫌気している。目標株価は1950円。リポートでは「調剤薬局事業の業績未達は、面対応薬局の売上未達と、既存店舗での人員不足による機会損出があったことが要因」としている。 日本調剤の株価は11時16分現在2189円(▼91円)