ゼオンが後場下げ幅拡大、今3月期業績見通しを下方修正

日本ゼオン<4205>が後場に入り下げ幅を拡大している。前場引け後に今3月期の業績見通しを連結営業利益で従来予想320億円の横ばい見通しから、210億円(前期比31.5%減)の大幅減益見通しに下方修正したことを嫌気。欧州債務危機や円高基調の継続や、新興国経済の景気減速などによる世界経済の不透明感から、事業環境の厳しさが一段と増してきたと判断したことが要因と。 ゼオンの株価は13時01分現在582円(▼52円)。