NTTドコモが反発、交流ゲーム事業に参入報道が手掛かり

NTTドコモ<9437>が反発。27日付の日本経済新聞が「NTTドコモはスマートフォンなどで楽しむソーシャルゲーム(交流ゲーム)事業に参入する」と報じたことが買い手掛かりになっている。バンダイナムコゲームスなど十数社からゲーム提供を受けて11月下旬をメドに配信を始めるという。KDDIなど他社の携帯電話からの利用も可能にする方針で、約6000万人の顧客基盤を活用し、頭打ちの通信収入に代わる収益源にすると伝えており、交流ゲームで急成長しているグリーやディー・エヌ・エーに対抗するとしている。 NTTドコモの株価は9時9分現在12万9000円(△2000円)。