ジンズメイトは波乱展開、26日付で日々公表銘柄指定解除

イーンズメイト<7448>は波乱展開。寄り付き直後一時、前日比6円安の380円まで売られたものの、その後は一転買い進まれ、同42円高の428円まで上昇している。東証は26日、同日付で信用取引の日々公表銘柄指定を解除すると発表した。同社株は8月下旬に、わずか8営業日で160円水準から629円(31日)までの急騰を演じた。その後9月に入って反落に転じ、26日には終値で400円を割り込んでいた。日々公表銘柄指定の解除で、売買の自由度が増してくるとの見方がある一方で、信用買い残が大きく膨らんでいることもあり、今後も波乱展開が続きそうだ。 ジンズメイトの株価は10時02分現在423円(△37円)