四国電上昇率7%超す、原発再稼働を有力視

四国電力<9507>が上げ幅を広げている。原子力規制委員会委員長が「基準を満たす原発の再稼働を考えたい」とコメントをしたことが伝えられ、来春再稼働への思惑から電力株には朝方から買いが先行。なかでも伊方3号機が最有力候補と見られることから買い気が強まっている。後場に入って前日比60円高の915円まで買い進まれ、上昇率は7%を超えた。。 四国電力の株価は14時30分現在906円(△51円)。