ソニーとオリンパスが買われる、資本業務の決定報道を好感

ソニー<6758>が買い気配で始まり、オリンパス<7733>も買われる。28日付の日本経済新聞が「ソニーとオリンパスは28日に取締役会を開き、資本業務提携することを決める」と報じたことを好感した買いが先行している。オリンパスが年内に実施する約500億円の第三者割当増資(一株当たり1400円強)をソニーが引き受け、出資比率約11%の筆頭株主になる。両社は折半出資で新型内視鏡を開発する会社を設立し、ソニーは医療機器事業に参入するとしている。また、オリンパスは赤字の続いているデジタルカメラ事業でもソニーと連携して採算の改善を目指すと伝えている。 ソニーの株価は9時8分現在951円(△22円)。 オリンパスの株価は9時8分現在1509円(△15円)。