日本化薬が半年ぶりに840円回復、アクリル酸用触媒が好調

日本化薬<4272>が一時4月3日以来、約半年ぶりとなる840円を回復した。同社は27日、2012年6〜8月期の業績を発表、連結純利益は前期比39%増の39億円を記録した。オムツ向けのアクリル酸の需要が順調に伸びている。同時に、12年6〜11月期の予想連結純利益を医薬品事業の開発費のずれ込みを要因に、従来予想の43億円から前年同期比14%増の62億円へ増額修正した。2013年5月通期の予想連結純利益は前年同期比21%減の90億円と据え置いている。 日本化薬の株価は9時19分現在839円(△19円)