NECが上昇、対ルネサスの負担軽減と低PBRに着目

NEC<6701>が上昇、一時前日比7円高の128円まで買われた。出資先のルネサスの経営再建に伴い、ここ政府系ファンドの産業革新機構とトヨタなど国内製造業が共同出資する思惑が報じられるなどで、同社への資金負担に対する懸念が相対的に和らいでいることが背景となっている。今3月期は最終黒字化(200億円)を想定し、4円復配を計画。配当利回りが3.2%に達する一方、PBRが0.5倍という水準に放置されていることも買いを誘う要因となっているもようだ。 NECの株価は12時30分現在125円(△4円)。