日創プロニティが出直る、メガソーラー架台への評価継続

福証Qボード上場の日創プロニティ<3449>が続伸、出直る動きとなってきた。株価は8月28日の7万2900円を底に急騰、9月26日には29万7000円の高値を付けたの後に目先的な利食い売りで調整していたが、再度買い物を集める動きとなっている。今月10日に芝浦グループが建設を進める「九州ソーラーファームみやま合同発電所」向け架台の受注を発表しており、福証上場で地味な存在だったが、再生エネ関連として脚光を浴びている。 日創プロニティの株価は14時11分現在23万5000円(△6000円)。