東レが4日続落、12年4〜9月期業績の下方修正観測報道を警戒

東レ<3402> が売り気配で始まり4日続落。29日付の日本経済新聞が「12年4〜9月期の連結営業利益が前年同期に比べ4割減の380億円前後と、従来予想を20億円程度下回りそうだ」と報じたことから、これを警戒した売りが出ている。主力の繊維部門でファーストリテイリング向け機能性素材や航空機向けの炭素繊維複合材は堅調に推移しているが、プラスチック・ケミカル部門で自動車向け素材の減速傾向や家電向けのABS樹脂の不振、情報通信材料部門で薄型テレビ向け光学フィルムの伸び悩みが収益を圧迫するとしている。13年3月期通期の連結営業利益見通しの1150億円(前期比7%増)も下振れの可能性があると伝えている。

東レの株価は9時15分現在442円(▼20円)。