大同特鋼が大幅続落、9月中間期業績予想を下方修正で

大同特殊鋼<5471>が大幅続落。前週末の9月28日引け後に、9月中間期の業績見通しを連結経常利益で従来予想140億円から85億円(前年同期比40.3%減)に下方修正したことを嫌気。産業機械・IT関連を中心に売上高が想定を下回っていることをが要因。また、中間配当を従来計画4円から3円(前年同期3円50銭)とし、4円を予定していた期末配当を未定としたこともマイナス評価されている。

大同特鋼の株価は09時40分現在343円(▼20円)。