日本駐車場開発が反発、今7月期業績予想増額を好感

日本駐車場開発<2353>が反発。前週末9月28日取引終了後に発表した今7月中間期と通期業績予想の増額修正が好感されている。連結子会社の日本スキー場開発が白馬観光開発発行済株式の95%を取得して子会社化、白馬観光の売上高、収益が連結業績にオンされるためで、中間期営業利益を前回予想の7億9000万円から8億6000万円、通期21億6000万円から23億2000万円へ増額した。

日本駐車場開発の株価は9時48分現在4165円(△80円)。