ドイツ証券は化学株の目標株価を引き下げ

ドイツ証券は先月29日に化学関連株の目標株価を引き下げた。世界的な景気低迷傾向を背景にしたケミカル関連事業の収益悪化などを懸念している。具体的には、東レ<3402>の目標株価を従来の630円から560円、旭化成<3407>を530円から490円、三井化学<4183>を270円から220円、三菱ケミカルホールディングス<4188>を460円から390円に見直した。ただ、各銘柄とも株価はPBR面などで割安感があることから「Buy」を継続している。

東レの株価は10時46分現在447円(▼15円)
旭化成は403円(△▼0円)
三井化学は152円(▼1円)
三菱ケミカルホールディングスは294円(▼5円)