エスバイエルが安い、中間期赤字縮小も先行きを懸念

エス・バイ・エル<1919>が安い。9月28日引け後に今2月中間期の業績予想を上方修正を発表、前回予想の連結営業損益は14億5000万円の損失から9億5000万円の損失へ赤字幅が縮小するが、通期予想を示さなかったことが嫌気された。中間期の増額は経費削減によるもので、主力の住宅は減少が続いており、先行き収益への懸念が強い。

エスバイエルの株価は11時15分現在134円(▼4円)。