新星堂とワンダーコーポが資本・業務提携を発表

ジャスダック上場の新星堂<7415>とワンダーコーポレーション<3344>は1日、資本・業務提携すると発表した。ワンダーコーポレーションは、大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツが保有する新星堂の株式1750万株を取得し、新星堂の49.7%の株式を握る筆頭株主となる。株式取得に向けた具体的な手段および発行条件は未定。両社は資本業務提携により、共同での商品開発や新店の開発、ITインフラの活用などを目指す。ワンダーコーポレーションは茨城県を地盤にゲームソフトやCD販売などの大型店を運営している。新星堂は、音楽・映像ソフトの専門店などを運営しているが、2012年2月期に債務超過となるなど業績は低迷している。 新星堂の株価は15時00分現在38円(△▼0円) ワンダーコーポレーションは7万6000円(▼1000円)