ディスコ小幅反発、12年7〜9月期単体売上高は19.5%増

ディスコ<6146>は小幅反発。一時、前日比70円高の3775円まで買われている。同社は1日引け後に、13年3月期第2四半期(7〜9月)単体売上高が239億1200万円(前年同期比19.5%増)になったと発表したことが好感されている。第2四半期累計(4〜9月)では447億8800万円(前年同期比9.1%増)となり、計画の425億円を上回った。
引き続きアジア地域を中心に半導体メーカ各社の設備投資が行われたことから、精密加工装置は出荷が堅調に推移し、売上高も四半期としては非常に高い水準となっている。精密加工ツールは、為替の影響を受けているものの出荷数量は高水準で推移しており、売上高も前四半期と比べ増加しているという。

ディスコの株価は10時36分現在3745円(△45円)