ユニプレスが急反発、ドイツ証券は「Buy」を継続

ユニプレス<5949>が急反発。世界的な景気減速懸念などを背景に前日には1643円と年初来安値を更新したが1700円割れの水準には値頃感もあり、この日は見直し買いが入った。ドイツ証券は1日、同社の目標株価を従来の3300円から2500円に引き下げたものの、PER面などの割安感から「Buy(買い)」を継続している。同証券では、中国における日本自動車のシェア低下や国内自動車生産の減少などから2013年3月期の予想連結経常利益を285億円から前期比約4%増の251億円へ下方修正した。ただ、北米での生産性改善などで「高水準の利益は確保できる」と指摘している。今期予想の連結1株利益は320円と試算しており、株価は連結PER5倍程度の水準にある。

ユニプレスの株価は11時07分現在1682円(△22円)