ユニチャームが3日続落、12年4〜9月期営業最高益報道も原料高懸念に反応

ユニ・チャーム<8113>が3日続落。株価は前日比60円安の4375円まで売られている。2日付の日本経済新聞が「12年4〜9月期の連結営業利益が前年同期比6%増の270億円程度となり、従来予想(256億円)を上回り、この期間としては最高益になる」と報じた。だが、一方で、日本触媒の姫路製造所で発生した爆発事故の影響で、紙おむつに使う高吸水性樹脂(SAP)を日本触媒からは調達していないものの、日本触媒の供給力の低下からSAP調達価格の上昇で採算が圧迫される懸念があるとも伝えたことから、こちらの悪材料に反応したようだ。

ユニチャームの株価は12時37分現在4415円(▼20円)。