ホンダが小反発、北米でのリコールも悪材料視されず

ホンダ<7267>が小反発。北米で販売した中型セダン「アコード」に関して、約60万3100台を部品などの不具合でリコールすることを発表したが株価は7月26日の2339円以来の安値圏であることから、悪材料視されず下げ渋る動きとなっている。

ホンダの株価は12時50分現在2389円(△7円)。