ゼンショーHDは後場一段安、野村証が目標株価を引き下げ

ゼンショーホールディングス<7550>が後場に入って下げ幅を広げている。一時、前日比13円安の979円まで売られている。野村証券が1日付のリポートで、投資判断「Buy(買い)」を継続するものの、目標株価を従来の1500円から1200円へと引き下げたことを嫌気している。リポートでは、「上期(4〜9月)は前年同期比7%減収となった。8月までは前年同月の売上高急増の反動減の影響を受けた上、9月は同250円セールの反動が大きかった。ただ、既存店売上高について、10月以降は前年のハードルが下がっており、13年3月期下期は前年同期比横ばいが予想される」としている。

ゼンショーHDの株価は14時09分現在980円(▼12円)