鉄鋼は買い戻し優勢、世界的生産縮小の動きもポジティブにとらえる

新日鉄住金<5401>、やJFEホールディングス<5411>の大手鉄鋼株が切り返した。世界景気後退への警戒感が和らぎ、海外株高や円安反転に伴い、買い戻し優勢の状況が続いている。アルセロール・ミタルが溶鉱炉2基を閉鎖、中国鉄鋼大手の宝鋼集団が最新鋭製鉄炉停止するなど、世界的な生産縮小の動きが伝えられているが、需給ギャップが解消され、採算改善につながるとポジティブにとらえられている。

新日鉄住金の株価は14時51分現在160円(△2円)。
JFEは1021円(△17円)。