大同特鋼は軟調、野村証が目標株価を360円に引き下げ

大同特殊鋼<5471>は軟調。一時、前日比7円安の335円まで売られている。野村証券が投資判断「ニュートラル(中立)」を持続しながらも、目標株価を従来の470円から360円へと引き下げたことを嫌気している。リポートでは「ステンレスを中心とした機能材料・磁性材料での産機、IT関連製品の販売減、特殊鋼鋼材での建機、産機向けの需要低迷が背景にある」としている。

大同特鋼の株価は14時58分現在335円(▼7円)