ガリバーが切り返す、下方修正も値ごろ感から押し目買い入る

ガリバーインターナショナル<7599>が軟調でスタートするもその後切り返しに転じている。同社は2日、12年3〜8月期の連結純利益が8億7000万円(前年同期比71%減)となったもようと発表。これは従来予想から5億8000万円の下方修正となり、寄り付きはこれを嫌気する売りが優勢だった。エコカー補助金の効果で新車販売が伸びたことを背景に、オークション市場で中古車を売却する際の価格下落が影響した。一方、売上高は713億円と1%の増収を確保し、従来予想を27億円上回った。また、13年2月期通期の純利益予想については28億円(前期比26%減)と従来見通しを据え置いている。指標面ではPER8倍台と割安感が強く、株価は前日まで3日続落で大きく水準を切り下げていたこともあって、売り一巡後は押し目買いの動きが出ている。

ガリバーの株価は9時29分現在2154円(△31円)。