クレハが連日の安値、業績下振れを懸念

クレハ<4023>が軟調、小幅安ながら連日で年初来安値を更新している。太陽電池業界の生産調整や車載用リチウムイオン電池向け数量減で、収益源の炭素製品とPVDF樹脂の需要が減退、中国経済成長鈍化の影響もあり、業績下振れ懸念が強い。1日付レポートで三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「ニュートラル」を据え置いたものの、目標株価を340円から290円に引き下げている。

クレハの株価は12時37分現在297円(▼2円)。