キユーピーが続伸、第3四半期決算の好調が手掛かり

キユーピー<2809>が続伸。3日引け後に11年12月〜12年8月の第3四半期決算を発表。好内容だったことが買い手掛かりになっている。第3四半期の連結累計業績は、売上高3779億円(前年同期比4.1%増)、経常利益200億3100万円(同20.7%増)だった。調味料・加工食品事業でサラダ・惣菜などが自宅で食事をする「中食」向けに好調に伸びたことや、原料の鶏卵価格が安定して推移したこと、合理化効果などが利益伸長の要因。今11月期通期の連結業績見通しは売上高5000億円(前期比2.8%増)、経常利益240億円(同9.5%増)を据え置いた。

キユーピーの株価は9時10分現在1340円(△29円)。