イズミが急伸、自社株買い、今期利益の上方修正、配当引き上げを好感

イズミ<8273>が買い気配で始まり大幅高。3日引け後に自社株買い、今2月期連結経常利益の上方修正、配当の引き上げを発表、これらを好感した買いが先行している。自社株買いは上限400万株(発行済み株式数の5.0%に相当)で取得期間は12月28日まで。株式の需給改善が期待されている。また、今2月期連結業績見通しは、連結売上高を従来予想の5360億円から5336億円に(前期比3.4%増)減額したが、経常利益を同267億円から272億円(前期比15.6%増)に増額。スーパーなど小売事業は販売競争の激化で従来予想を下回るものの、人件費抑制をはじめとするコスト削減が寄与し、利益は増額となるもの。また、今期配当は従来予定の年24円から年36円(前期は年20円)に引き上げる。

イズミの株価は9時21分現在19092(△273円)。