カッパ・クリエが反落、今2月期業績予想を下方修正し配当も引き下げ

カッパ・クリエイトホールディングス<7421>が反落。4日引け後に8月中間期決算を発表するとともに、今2月期通期の業績見通しを、連結経常利益で従来予想34億3000万円(前期比9.3%増)の増益予想から一転、20億円(同36.2%減)の大幅減益予想へと下方修正したことを嫌気。国内回転寿司事業が消費不況の影響で苦戦が続いていることが要因。また、これを受けて、年間配当(期末一括)を従来計画の25円から20円(前期25円)に引き下げるとしたこともネガティブ材料視されている。

カッパ・クリエの株価は09時32分現在1730円(▼45円)。