インタライフが大幅続落、今2月期業績予想を上方修正も材料出尽くし感漂う

ジャスダック上場のインターライフホールディングス<1418>が大幅続落。4日引け後に今2月期の業績見通しを連結経常利益で従来予想3億9000万円から5億1000万円(前期比2.9倍)に上方修正したが、当面の材料出尽くし感から売られているようだ。大型案件への営業・対応力強化が奏功し、第2四半期において計画以上の大型工事を受注・完工したことが要因と。また、改装・新規出店に伴う内装工事、空調設備の買い換え、店舗清掃、広告宣伝なども計画を上回ったとしている。

インタライフの株価は10時35分現在156円(▼9円)。