日銀、金融政策の現状維持を全員一致で決定

日銀は5日午後、同日開催した金融政策決定会合で、金融政策について現状維持とすることを全員一致で決定したと発表。無担保コール翌日物金利(政策金利)の誘導目標を0〜0.1%程度に据え置くことを全員一致で決定した。前原経済財政担当相が出席したため、注目を集めていた。