ゴールドマンはコマツと日立建機の「買い」推奨を継続

ゴールドマン・サックス証券は5日、コマツ<6301>と日立建機<6305>の買い推奨を継続した。同証券では、鉱山会社の設備投資動向と鉱山機械への影響について分析。2013年の鉱山会社の設備投資は減少するものの、これは電力需要の減少や新興国の固定資産投資減などの後遺症によるものと指摘。2013年下期から14年にかけての「鉱山機械の見通しは明るい」と分析している。同証券では、コマツの目標株価を従来の2800円から2600円に、日立建機は2200円から2000円に引き下げたものの、「PBR、PERともに歴史的低水準にあり、株価のダウンリスクは少ない」と見ている。

コマツの13時22分現在の株価は1532円(△20円)。
日立建機の株価は1251円(△2円)。