三光合成が急反騰、営業外収益膨らみ第1四半期3.6倍増益

ジャスダック上場の三光合成<7888>が急反騰。前週末5日に発表した第1四半期(6〜8月)決算で、連結純利益が6億1000万円(前年同期比3.6倍)と急増したことを好感。8月に積水工機製作所を持分法適用会社化したことで営業外収益が膨らんだことが大幅増益の要因だが、営業利益段階でも国内の成形品部門で車両用内外装部品や機能部品の受注が増加したことに加えて、国内外の車輌向けに金型の受注が増加したことから4億1300万円(同11.5%増)と2ケタ増益となっている。なお、今5月期通期は営業利益17億円(前期比7.9%増)、純利益9億円(同28.6%増)を据え置いている。

三光合成の株価は12時35分現在196円(△17円)。