田辺三菱が反発、調整一巡感から買戻し

田辺三菱製薬<4508>が反発、京都大学の山中伸弥iPS細胞研究所長のノーベル賞受賞で、バイオ関連銘柄が賑わうなかなか、押し目買いが入っており、一時前週末比19円高の1182円まで上昇した。先月28日に血漿分画製剤の出荷について厚生労働省から業務改善命令を受けたことで、嫌気売りに押されてきたが、直近高値からの下落率が11%を上回り、調整一巡感から買い戻しが入っている。5日付レポートでSMBC日興証券が投資判断2を据え置き、目標株価を1200円から1300円に引き上げたことも買い安心感を誘っている。

田辺三菱の株価は13時1分現在1164円(△16円)