王子HDは年初来安値更新、SMBC日興証が投資判断を「2」に引き下げ

王子ホールディングス<3861>は反落。一時、前週末比10円安の221円まで売り込まれ、10月4日に付けた年初来安値223円を更新している。SMBC日興証券が5日付リポートで、投資判断を「1(アウトパフォーム)」から「2(中立)」へ、目標株価を390円から250円にそれぞれ引き下げている。リポートでは「海外で産業用紙事業の拡大を積極的に取り組んでいる点などは評価できるものの、国内印刷用紙事業の大幅な環境悪化によるマイナスが影響し、従来に比べ株価の割安感が乏しくなった」としている。

王子HDの株価は10時39分現在252円(▼11円)