一休が急反騰、9月中間期は会社計画を大きく上回ると報じられる

一休<2450>が急反騰。きょう付の日本経済新聞で、9月中間期の単独経常利益が前年同期比2.6倍の8億5000万円前後になったようだと報じられたことを材料視。会社予想は6億8900万円であり、上期としては過去最高を更新することになる。記事によると、取り扱い客室数、客室単価とも計画を上回ったとしており、足元でも宿泊予約が好調とみられることから、今3月期通期についても上方修正の公算が大きいとしている。

一休の株価は9時21分現在3万8100円(△2950円)。