富士エレクが反発、今2月業績見通しの据え置きで買い安心感

富士エレクトロニクス<9883>が小口買いに反発。9日引け後に12年3〜8月期の連結決算を発表し、今2月期通期見通しの連結売上高445億円(前期比6.3%増)、経常利益36億2000万円(同14.8%増)を据え置いたことから買い安心感が出ている。12年3〜8月期は連結売上高209億7200万円(前年同期比1.7%減)、経常利益14億6700万円(同1.3%減)だった。自動車やアミューズメント機器向けの半導体販売は大きく回復したが、FA製造装置や計測器など産業機器向けや情報機器向け半導体の停滞で、収益が伸び悩んだ。

富士エレクの株価は10時41分現在1072円(△21円)。