ホンダ、日産自が年初来安値更新、中国販売の減少継続懸念や円高で

ホンダ<7267>、日産自動車<7201>が軟調。ホンダは前日比50円安の2311円、日産自は同17円安の639円まで売られて、年初来安値を更新している。9日に中国での9月の新車販売台数がホンダ40.5%減、日産自35.3%減と発表されたが、尖閣諸島を巡る領土問題に伴う不買運動の継続が懸念されているほか、為替の円高傾向も嫌気されていて、売りに押されている。

ホンダの株価は11時5分現在2331円(▼30円)。

日産自の株価は11時5分現在654円(▼2円)。