パイオニア下げ止まらず、ドイツ証が目標株価を引き下げ

パイオニア<6773>は小幅安ながら、連日の年初来安値更新となっている。一時、前日比3円安の157円まで売られている。ドイツ証券が10日付のリポートで、投資判断「Buy(買い)」を継続しながらも、目標株価を従来予想の450円から330円へと引き下げたことが嫌気されている。
リポートでは「足元の株価は、HE(ホームエレクトロニクス)の不振を主要因とした上期業績の会社計画未達、中国における日本ブランド車の販売低迷懸念、国内カーナビゲーション市場の不振などを背景に大きく下落しており、非常に割安な水準と判断される。ただし、短期的にはカタリスト(きっかけ)不足感は否めず、まずはカーエレクトロニクスのOEM、事業の収益拡大、HE不振分野の収益改善の道筋を示すこと、加えて国内カーナビ市場の底打ち反転、などが必要となろう」としている。

パイオニアの株価は13時12分現在158円(▼2円)