円高進行で1ドル=78円の攻防に、スペイン格下げが影響

11日の外国為替市場の円相場は、午前9時時点で1ドル=78円04〜06銭近辺と円高が進行している。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が10日、スペイン国債の長期信用格付けを「トリプルBプラス」から「トリプルBマイナス」に2段階引き下げたことから、円買い・ドル売りが出ている。