信越化は反発、野村証が投資判断を「Buy」に引き上げ

信越化学工業<4063>は、全般軟調相場の中で反発をみせている。一時、前日比120円高の4435円まで買い進まれている。野村証券が11日付のリポートで、投資判断を「ニュートラル(中立)」から最上位の「Buy(買い)」に、目標株価を4600円から5300円へとそれぞれ引き上げた。リポートでは「10月に入り発表された直近の米ISM(製造業、非製造業)や雇用統計などから、米国経済、特に住宅販売の好調持続の確度が高まったと判断し、北米向け塩ビ需要が14年3月期に向けて従来想定以上に拡大すると」している。

信越化の株価は9時31分現在4420円(△105円)