アイロムHDが大幅高、今3月期業績の上方修正から買い安心感広がる

アイロムホールディングス<2372>が大幅高。10日引け後に今3月期業績見通しの上方修正を発表、これを手掛かりに買い安心感が広がっている。連結経常損益を従来予想の1000万円の黒字から6000万円の黒字(前期は16億9700万円の赤字)に、最終損益を3億8000万円の黒字から9億円の黒字(同3億6400万円の赤字)に上方修正した。医薬品販売事業を手がける連結子会社アイロムハウスの事業譲渡益6億1500万円を特別利益に計上することや、事業譲渡による業績に対する影響、メディカルサポート事業やその他事業の収益改善を織り込んだことが利益増額の要因だ。同社は医療機関向けの臨床試験支援サービスが主力事業で、ディフェンシブ系の内需小型株だけに、値動きの軽さにつられた目先資金の買いも入っているようだ。

アイロムHDの株価は11時6分現在2345円(△344円)。