パルが続落、第2四半期の急減速を嫌気

パル<2726>が続落。10日引け後に発表した8月中間決算で、連結営業利益は32億9900万円(前年同期比22.9%増)と2割強の増益となったものの、従来予想34億3000万円を下回ったほか、2月期通期計画の同91億3000万円(前期比16.9%増)に対する進捗率が36%にとどまったことから先行き警戒感が高まったもよう。消費者の低価格志向を背景に第1四半期の営業利益は同54.7%増となったが、第2四半期は同7.2%減と急減速していることも、売りに拍車をかける要因となったようだ。

パルの株価は13時07分現在4070円(▼160円)。